ここから本文です

巨人・菅野、尻上がり7勝 7回3失点ハーラートップタイ7勝目、完全復活間近

6/17(月) 8:30配信

デイリースポーツ

 「交流戦、日本ハム3-7巨人」(16日、札幌ドーム)

 ヒーローインタビューでエースは充実の表情を浮かべた。巨人・菅野智之投手が7回を3失点に抑え、腰の違和感から復帰後2連勝でハーラートップタイの7勝目。「まだ内容も体も完璧じゃないけど、その日のベストを尽くそうと思っている」。苦しみながらもつかんだ勝利の味をかみしめた。

【写真】菅野の横を通る坂本勇 腰の張りで途中交代

 9日のロッテ戦で25日ぶりに復帰。まだ決して万全の状態とは言えない中、初回につかまった。先頭の西川から大田、近藤、中田に4連打を許すなど3失点。直球の精度、球威ともに本調子からはほど遠かった。それでも「カーブとフォークに関しては捉えられてなかった。銀さん(炭谷)と話し合って、うまく組み立てられた」と修正。変化球に活路を見いだし、二回以降はわずか1安打と相手を寄せ付けなかった。

 チームは交流戦4カード連続の勝ち越しを決め、交流戦も2位に浮上。「チーム全員の力。交流戦を優勝して、何とかリーグも優勝したい」と菅野。次の登板予定は23日のソフトバンク戦。5年ぶりの交流戦優勝へ、完全復活間近のエースとともに突き進む。

最終更新:6/17(月) 9:06
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事