ここから本文です

アキバのベテラン店員をうならせる“空中マウス”とは?

6/17(月) 12:30配信

ITmedia PC USER

 先週登場した新製品のうち、ショップから最も熱をこめて紹介されたのがニュージーランドのSwiftpointが投入した2台のマウスだ。「ProPoint SM600G」と「Swiftpoint Z」で、価格は順に2万5000円弱と3万円弱(税込み、以下同)だ。

【写真】さまざまな指の動きを利用できる「Swiftpoint Z」

手先の動きを全て入力操作につぎこむよう――話題のSwiftpointマウス

 ProPoint SM600Gは親指と人差し指、中指でつまんで使う超小型マウスで、付属のUSBレシーバーかBluetoothにより接続する。左右のクリックボタンを中央に配置し、右側先端にスクロールホイールを置く構造で、PCだけでなくiPodなどでも使える設計となっている。レーザーポインターも備え、完全に空中で使うプレゼンテーションモードも搭載する。

 Swiftpoint Zは、CES 2017で最優秀イノベーション賞を受賞したモデルで、2017年9月にオンライン販売を実施しているが、店頭販売は初となる。左右のクリックボタンはアタックの強さで入力量が調節できる仕様になっており、指の腹で操作できるトリガーボタンを上部に配置している。ボディーを軽く浮かせて左右に傾けたり回転させたりすることで、フライトシミュレーターのようなゲームが操作できるのも特徴だ。

 入荷したパソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「ここまで手先のあらゆる動きを入力情報に変換するマウスはなかなかないですよ。久しぶりに驚きました。ProPointは使い道が相当広いですし、Swiftpoint Zもマスターすれば唯一無二の道具になるでしょう」と絶賛する。

 安価なモデルではないが、価格が売れ行きの障壁になることはなさそうとの予測も。「ハイエンドクラスの価格帯は、Razerなどが開拓していますしね。良いモノなら2~3万円ということもあり得るという空気は以前よりできているところがありますから」(同店)

グラフィックスカードを左側面に縦置きできるブラケットが登場

 オリオスペックには、グラフィックスカードをケース内で目立たせるブラケットが入荷している。CableMod製の「Vertical PCI-e Bracket」で、価格は8618円だ。

 ケース背面の拡張カードスロット7段分のスペースを使い、グラフィックスカードのファン側が左側面を向くように縦置き設置するブラケットで、ライザーケーブルと、専用の映像出力ケーブルも付属する。映像出力はDisplayPort×2と、DisplayPort×1+HDMI延長ケーブル×1の2タイプを用意している。

 同店によると、登場時の反響はそこまで大きくなかったそうだが、「左側面の一番手前にどーんと置けますからね。内部の見せ方を重視する人には刺さると思います。各種ケーブルもついていて一式で導入できますしね」とのこと。

 なお、同店ではグラフィックボードを単独で展示するディスプレイ台も6月25日から取り扱うそうだ。長尾製作所の「NB-VGA-DP01」で、予価は2149円となる。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 12:30
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事