ここから本文です

アキバのベテラン店員をうならせる“空中マウス”とは?

6/17(月) 12:30配信

ITmedia PC USER

ギガバイトから1万円切りのB365マザー「B365M DS3H」がデビュー

 先々週の「ROG STRIX」シリーズに続き、先週はギガバイトからIntel B365チップセット搭載マザーボードが登場している。microATXサイズの「B365M DS3H」で、価格は9000円弱から1万円弱となる。

 PCIe x16とx4スロットを各1基並べた構成で、PCIe Gen3のM.2スロットも1基使える。背面にPS/2やD-Sub、DVI-D端子などを装備しているのも特徴だ。入荷したドスパラ秋葉原本店は「レガシーなケーブルが使える上、M.2やイルミネーション機能も使えますし、コスパはけっこう高いと思います」とプッシュしていた。

 Intelのエントリー系チップセットでは、H370やB360よりもB365を選ぶ人が多くなっているとのことで、今後もラインアップの増加が期待される。TSUKUMO eX.は「新しく出たチップセットだけに、新ステッピングや末尾Fの(GPUなし)モデルでも、BIOSアップデートを気にせず使えますからね。じわじわとB365の存在感が表に出てくるようになった印象です」と話していた。

WD RedとWD Red Proの12TBモデルも店頭に並ぶ

 ストレージ関連では、ウエスタンデジタルのNAS向けHDD「WD Red」と「WD Red Pro」に最大容量となる12TBモデルが加わっている。「WD120EFAX」と「WD121KFBX」で、価格はそれぞれ4万7000円弱と6万4000円弱だ。

 入荷したパソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「NAS向けの定番シリーズなので、需要は確実にありそうです。WD Red Proは5年保証もありますし、大容量ドライブを安心して使いたいという人にいいと思います」と評価していた。

 グラフィックスカードは、ELSAからGeForce GTX 1660カード「GeForce GTX 1660 S.A.C」が登場している。独自クーラー「S.A.C」を採用し、全長206mmと短めなのが特徴だ。価格は3万5000円弱となる。

 TSUKUMO eX.は「ELSAとしては平均的な価格ですね。2年保証がつきますし、コンパクトで信頼性も重視する人に選ばれると思います」という。

ITmedia PC USER

2/2ページ

最終更新:6/17(月) 12:30
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事