ここから本文です

自工会と石油連盟、低粘度エンジンオイルの品質規格「GLV-1」を新設定

6/17(月) 21:00配信

レスポンス

日本自動車工業会(自工会)と石油連盟は6月17日、低粘度省燃費のガソリンエンジンオイルの品質規格「GLV-1」を新たに設定すると発表した。

日本国内ではグローバルな自動車用ガソリンエンジンオイルの規格であるILSAC規格およびAPI規格に適合したエンジンオイルが広く普及。しかし、既存の燃費試験法ではSAE 0W-12以下の低粘度エンジンオイルの評価が難しく、自工会や石油連盟に属する多くの企業から、新たな規格の制定要望が出されていた。

新規格は粘度分類規格(SAE J300)0W-8および0W-12が対象で、低粘度かつ省燃費性に優れ、摩耗防止性、高温酸化安定性、低温スラッジ防止性等はILSAC GF-5/API SN規格と同等以上の性能を有する規格となる。

規格制定にともない、自工会、石油連盟等で構成するJASOエンジン油規格普及促進協議会は、同規格の運用マニュアルを制定。販売元は協議会に届け出ることによって、性能分類表示に関する自己認証制度を利用できるようになる。本規格に適合するエンジンオイルは2019年10月からの市場導入を予定しており、販売元はオイル缶等に「GLV-1」の種類表示ができる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/17(月) 21:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事