ここから本文です

三菱ケミカル、「バーベイタム」ブランドの記録メディア事業を売却 台湾CMCに

6/17(月) 12:33配信

ねとらぼ

 三菱ケミカルは6月17日、子会社を通じて展開している「バーベイタム」(Verbatim)ブランドの記録メディア事業を、光ディスク世界最大手の台湾CMC Magneticsに売却することで合意したと発表しました。

【1969年創業のVerbatimは今年で50周年を迎える】

 バーベイタムは、三菱ケミカル子会社の三菱ケミカルメディアが展開するグローバルブランド。売却する記録メディア事業には、光ディスクやUSBメモリなどが含まれます。

 CMCは三菱ケミカルと長期にわたって技術供与や製造受委託などでパートナーシップを結んでおり、三菱ケミカルグループは事業ポートフォリオの最適化を、CMCはグローバルな販売ネットワーク、技術などを引き継ぐことで記録メディア事業の強化が期待できるとしています。

 Verbatimは1969年に米国で創業した記録メディアメーカーですが、1982年に三菱化成(当時)と合弁企業「化成バーベイタム」を設立、90年に三菱化成がVerbatimを買収しました。3.5インチMOディスクやCD-RW、DVD+R、HD-DVD-Rを世界で初めて発売したブランドでもあります。日本国内では一時姿を消していましたが、2010年代に復活。現在はアイ・オー・データ機器が販売代理店になっています。

ねとらぼ

最終更新:6/17(月) 12:33
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事