ここから本文です

SSFF&ASIA最高賞は「見下ろすとそこに」、階下の騒音で一変する一夜描く

6/17(月) 13:56配信

映画ナタリー

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2019のアワードセレモニーが6月16日に東京・明治神宮会館で行われ、グランプリに当たるジョージ・ルーカス アワードを「見下ろすとそこに」が受賞した。

SSFF & ASIAは世界130の国と地域から集まった約1万本の中から、選りすぐりのショートフィルム約200作を上映する国際短編映画祭。ツェンファン・ヤンが監督した中国、フランスの合作「見下ろすとそこに」では、階下からの騒音が穏やかな夜を一変させ、さまざま反応を見せる人々の様子が活写された。

審査員を務めた安藤桃子、かたせ梨乃、ジーナ・デラバルカ、中江有里、永瀬正敏はツエンファン・ヤンの代理人にトロフィーを授与した。安藤は審査基準を「“映画である理由”を見出せる作品、生きている、魂が感じられる作品を評価した」とコメント。そして受賞理由は「フレーミングが素晴らしく、大画面でも見応えがある。何度も観ることができるし、観るたびに発見がある。人間の潜在意識、社会性や閉塞感がうまく表現されていた。また文字だけでは難しい、映画だからこそ表現できたものであり、ショートフィルムの可能性を感じる作品」と説明された。

レッドカーペットにはCINEMA FIGHTERS projectからはEXILE HIRO、AKIRA(EXILE / EXILE THE SECOND)、今市隆二(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、三池崇史らも出席。そのほかの受賞結果は下記に掲載している。

■ SSFF & ASIA 2019 受賞結果
□ ジョージ・ルーカス アワード
ツェンファン・ヤン「見下ろすとそこに(原題:Down There)」

□ インターナショナル部門 優秀賞
メリアム・ジュベール「兄弟愛(原題:Brotherhood)」

□ ジャパン部門 優秀賞 / 東京都知事賞
見里朝希「マイリトルゴート(原題:My Little Goat)」

□ アジアインターナショナル部門 優秀賞
ツェンファン・ヤン「見下ろすとそこに(原題:Down There)」

□ Cinematic Tokyo 部門 優秀賞
ハッサン海「ロブ(原題:Robu)」

□ U-25 Project supported by 日本セーフティー
原清楓「デルージ(原題:The Deluge)」

□ ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社 優秀賞
アンジェロ・ファッチーニ、ギレ・イサ「ドゥルセ(原題:Dulce)」

□ CGアニメーション部門 優秀賞
カルロス・バエナ「観覧車(原題:La Noria)」

□ 第4回ひかりTVアワード
榊原有佑「島のシーグラス」

最終更新:6/17(月) 13:56
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事