ここから本文です

上場企業の“時給”ランキング、ぶっちぎり1位の「キーエンス」は8000円超え

6/17(月) 16:18配信

ねとらぼ

 企業の口コミ評価を集める「OpenWork」(Vorkersから名称変更)を運営するオープンワークは6月17日、「上場企業の時給ランキング2019」を発表しました。1位の「キーエンス」は時給換算で8037円と、2位に1000円の差を付けています。

【「上場企業の時給ランキング2019」トップ30社】

 上場企業が公表している有価証券報告書に掲載された社員の平均年収と、各社の標準労働時間、同サイトに投稿された残業時間データから時給換算したデータをまとめたものです。

 1位のキーエンスは平均残業時間が61.5時間と、時給ランキングのトップ30社で2番目に長い水準でしたが、それでも2位の三菱商事(7035円)と1000円も差を付ける「圧倒的1位」でした。 工場の自動化に必要なセンサーや測定機器などの開発・製造、販売を手がけ、平均年収が2000万円を超える高い給与水準で知られています。

 キーエンスについては、

 「ランク制。給料の半分以上が賞与である。そのため、会社の景気の良さが給料に大きく影響する。4半期に1回仕事の頑張りが評価される会があり、その評価は賞与に反映される」

 「基本給はそこまで高くなく、年収の約半分は年4回のボーナスによって大きく変わる。ボーナスの額は個人の営業成績によっても左右されるが、そこまで変化はなく、全社の業績によって左右されるところが大きい」

 ──といった評価が寄せられています。

 トップ10には三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事と、総合商社が5社ラインクイン。また、トップ30社の平均時給は5363円と、東京都の最低賃金(985円)の約5.4倍に上っています。

ねとらぼ

最終更新:6/17(月) 16:18
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事