ここから本文です

伊勢志摩の海にストロベリームーン 水平線からくっきり、月光の柱も /三重

6/17(月) 21:15配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 伊勢志摩の太平洋沖・南東方角の海上に6月17日、「ストロベリームーン」が現れた。(伊勢志摩経済新聞)

【その他の画像】伊勢神宮宇治橋前大鳥居から満月とムーンピラー

 この日の伊勢志摩地方の沿岸部からの月の出時刻は19時ごろ。

 うっすらと弧を描いた光が少しずつ水平線から現れると、やがて大きな丸い光となった。丸い光はそのまま上昇すると夜空にぽっかりと浮かび、さざ波の揺れる水面を漂うように一本の赤く染まる光の道ができた。さらに時がたつと満月の上下に一筋の月光の柱(ムーンピラー)が伸び、美しく輝いた。この日は志摩市阿児町甲賀城ノ崎の浅浜からも満月が観測できた。

 米国では、6月にイチゴを収穫することや、うっすらと赤く見えるため赤いイチゴのような6月の満月を「ストロベリームーン(Strawberry Moon)」と形容する。「好きな人と一緒に見ると恋が成就する」とも。

 夏至前後の満月は、伊勢神宮内宮(ないくう)宇治橋前大鳥居正面から出現する。一方、夏至前後の朝日は、二見興玉神社(伊勢市二見町)の夫婦岩の大しめ縄の真ん中から富士山と重なりながら現れる。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:6/17(月) 21:20
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事