ここから本文です

消費税増税の負担、20~40代女性を直撃 博報堂調査、対策は「外食控えて自炊」「副業で収入増」が上位

6/17(月) 18:42配信

ねとらぼ

 10月に予定されている消費税の増税で、「前回の増税時と比べて負担を感じる」と答えたのは全体の7割超に上り、特に女性20~40代で負担を感じる割合が多いことが博報堂の調査で分かりました。博報堂は「子育て世代の生活への影響が想定される結果になった」としています。

【増税を踏まえて、実践すると思う行動は?】

 2014年4月の増税と比べ、今回の増税の負担が大きいと答えた人は71.3%。特に女性40代では81.6%、30代では77.7%、20代では76.7%と、負担の大きさを感じる割合が高くなっています。

 負担が大きい理由のトップは「以前と比べて、収入が減った/少ないから」(48.0%)でしたが、20~30代女性では「ライフステージの変化によりお金がかかるようになったから」が5割超で最多でした。

 「増税を踏まえて実践すると思う行動」は「なるべく外食などを控えて、自炊・内食をする」(34.4%)がトップで、「お金のかからない暇つぶしをする」(29.7%)という節約が続きました。一方、3位には「平日の夜や休日に、副業・小金稼ぎをする」(21.0%)と、収入を増やす「攻め」の行動が挙がっており、特に女性20~30代で高くなっていました。

 キャッシュレスによるポイント還元施策もあり、増税後は「現金ではなくなるべくクレジットカードやデビットカード・電子マネー・電子決済サービスで支払う」という人が58.0%に上っています。

 調査は3月下旬、全国の20~60代男女2369人を対象にインターネットで実施しました。

ねとらぼ

最終更新:6/17(月) 18:42
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事