ここから本文です

【宝塚記念馬体診断】エタリオウ

6/17(月) 13:27配信

デイリースポーツ

 「宝塚記念」(6月23日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、宝塚記念に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】G1馬体診断 宝塚記念出走馬の馬体をチェック

 【エタリオウ 評価B】

 前走の天皇賞・春(4着)の際に「ステイヤーというより中長距離がベストの感」と診断したが、今回も考えは変わっていない。芝2200メートルはベストの条件だろう。

 ただ、多少トモ高の体形を残っており、本格化は秋以降になりそうという考えも変わっていない。それでも肩やトモの筋肉に明確な段差があり、張りのある馬体は強調ポイントだ。十分に光沢のある毛ヅヤは体調の良さの証明で、中間短期放牧をはさんだが気配は落ちておらず好調ぶりは相変わらずだ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉横山典を背に栗東CWで6F83秒8-38秒6-11秒5(仕掛け)。先行する僚馬がつくるペースに気分を損ねることなく追走。直線で鞍上が軽く指示を送ると、スッと反応してゴール前で抜け出す素晴らしい動きを披露した。前回までのようなズブさがなく、このベテランとは手が合う印象を強く抱かせた。

最終更新:6/17(月) 13:51
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事