ここから本文です

TBS高畑百合子アナ 流産を報告「こんなにも悲しいと…」

6/17(月) 14:18配信

デイリースポーツ

 TBSの高畑百合子アナウンサー(38)が17日、ブログを更新し、流産したことを明かした。高畑アナは今年2月に平昌パラリンピックアイスホッケー日本代表の堀江航氏(39)と結婚。念願の妊娠だったが、残念な結果となり「ほんの短い期間でも、私の所にきてくれた命に、心から感謝します」と気丈につづった。

 高畑アナのブログによると4月下旬に妊娠に気付き、5月初旬に妊娠が確定。5月中旬には心拍も確認できたという。そして10週目を迎えた6月4日に健診に行くと「8週目まで元気に動いていた赤ちゃんの心拍が、止まっていました」という。

 「そんなはずはない」と何度も診てもらったものの、やはり心拍は確認できず先週初めに手術を受け「私の中から1つの命が居なくなってしまいました」と流産を報告した。

 ブログにつづり、公表することは「迷った」というが「一度は芽生えた命を、『無かった事』にしたくなく、書くことにしました」と説明。「こんなにも、悲しい、と思うまでにお腹の命への愛情が湧いていました」と日々、成長を楽しみにしていた高畑アナ。周囲に妊娠を報告した数日後に流産となってしまったといい「まだ安定期ではないけど、と言いつつも、喜びの方が完全に上回っていた」と嬉しさから、安定期を待たずにごく親しい周囲には妊娠を報告していたという。

 「その喜びが悲しみに変わってしまいましたが、この10週間は新しい命が私に大切なことを教えてくれた10週間でした」「この大切な思いを心の中にしっかりととどめて、夫とこれからの日々を歩みます」と旅立ってしまった赤ちゃんへ、感謝の言葉をつづっていた。

最終更新:6/17(月) 14:52
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事