ここから本文です

台風や地震時に被災建物数を予測 あいおい損保、市区町村ごとに

6/17(月) 17:30配信

共同通信

 あいおいニッセイ同和損害保険は17日、台風や豪雨、地震などの自然災害発生時に、全国の市区町村ごとに被災しそうな建物の棟数を素早く予測し、日本地図上に表示するウェブサイト「cmap(シーマップ)」を開設した。被災状況を早期に把握し、迅速な保険金支払いに役立てる。アドレスはhttps://cmap.dev/

 普段は日本各地の天候がリアルタイムで分かるようにしておき、台風が近づいたり、激しい雨が降りそうになったりすると、市区町村ごとに被災建物数や総建物数に占める割合を表示する。強風の場合は最大風速(最大瞬間風速)30メートル以上を被災予測の対象とした。

最終更新:6/17(月) 18:49
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事