ここから本文です

【浦和】FW武藤、19日・蔚山戦でACL3戦連続ゴール狙う「ガツンとかましたい」

6/17(月) 13:30配信

スポーツ報知

 浦和FW武藤雄樹(30)が17日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント(T)1回戦・蔚山戦(19日、埼玉)でACL3戦連続ゴールを誓った。

【写真】今月、第1子長男誕生の柴戸「宝石のように輝く人生をと願い」命名

 今季はJリーグで無得点ながら、ACLは1次リーグ・ブリラム戦(2〇1)、北京国安戦(3〇0)と2試合連発中で「ACLで点を取れてるのは自分の中でプラスにしたい」。直近の15日・鳥栖戦(2〇1)でも前半だけでシュート4本と軽快な動きを見せており、「もっとゴール前に飛び込んでシュートを狙いたい」と力を込めた。

 優勝した17年のACLは決勝T1回戦から決勝まで、1戦目をアウェーで負けか引き分けと崖っぷちで迎えた2戦目にホームで逆転する勝負強さで4連勝した。一方、16年は同1回戦でFCソウルに1戦目のホームで先勝(1〇0)しながら2戦目のアウェーで逆転(2●3、PK6●7)されて敗退した過去がある。

 武藤は「最初のホームは重要になるので、最初にガツンとかましたい」。アウェーで厳しい戦いが予想される2戦目にむけて、大量得点でのホーム先勝を掲げた。

最終更新:6/17(月) 14:00
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事