ここから本文です

【日本ハム】吉田輝星“ゴジラバット”注文「一番飛ぶバットでお願いします」

6/18(火) 6:04配信

スポーツ報知

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が、先発が有力視される23日の中日戦(ナゴヤD)へ向けて“ゴジラバット”を導入することが17日、分かった。投手も打席に立つ同戦へ向けて、日米通算507本塁打を放った松井秀喜氏(45)=ヤンキースGM付特別アドバイザー=のモデルを注文し、超一流打者にあやかる覚悟のようだ。

【写真】これがゴジラバット

 ミズノ関係者によると、輝星から「一番飛ぶバットでお願いします」との依頼を受けたという。長さ85センチで重さは870~890グラム。主に長距離打者が利用するトップバランスを選んだようだ。右腕は金足農時代の昨夏の甲子園では全6試合に「3番・投手」で出場し、20打数7安打の打率3割5分、3回戦の横浜戦では中越え2ランを放っており、打席での活躍にも注目が集まりそうだ。

 この日は18日のDeNA戦(横浜)に臨む1軍本隊とともに空路で移動した。「負けるのは嫌なんで、勝てればいいと思います。イニングの間の時間だったりとか、そういう使い方もうまく前回の反省を生かしてやりたい」。デビューからの2戦2勝となれば、球団では2005年のダルビッシュ以来。心強い相棒を得て白星へと突き進む。

最終更新:6/18(火) 7:24
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 10:05

あなたにおすすめの記事