ここから本文です

ロバート秋山、新キャラは聖火リレーおじさん “火田聖一”「前回の東京五輪から火だけ追いかけている」

6/17(月) 12:24配信

オリコン

 女優の綾瀬はるか、人気デュオ・ゆず(北川悠仁、岩沢厚治)、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次、陸上の桐生祥秀選手が17日、都内で行われた『日本生命 東京2020』オリンピック聖火ランナー募集記者発表会に出席した。

【動画】新キャラクターについて語るロバート・秋山竜次

 東京五輪の聖火リレープレゼンティングパートナー契約を結んでいる日本生命は、24日より“絆”をテーマに、東京五輪の聖火ランナーの募集を実施。その聖火リレーを盛り上げるために5人は「チームニッセイ」を結成。その企画の一環として、秋山は「オリンピック聖火リレーのおっちゃん」火田聖一(65)に扮することになり、彼の特別ムービーが7月上旬より公開されることが発表された。

 秋山といえば、自身がさまざまなクリエイターに扮する人気企画「クリエイターズ・ファイル」がある。新キャラクターが増えたことになったが「いますよね、こういうオリンピック各地に全部行く方。ただ、聖火リレーだけを追いかける方はなかなかいない。前回の東京オリンピックから火だけを追いかけていると言っていましたよ」と他人事のように“知人”として彼を紹介。

 火田は聖火リレーが好きでずっと追いかけてきたという設定で、動画では聖火ランナーの心構えや走るまでの準備など“聖火ランナー”の楽しみ方を解説・紹介していく。「普通の火には興味がない、聖火にしか注いでいない」と真面目に説明した。

 聖火ランナーには誰でも応募できるが「この方は火を見るのが好きだから、自分はやらない。聖火ランナーたちを見るのが好きだから、聖火ランナーを追っている。だから、聖火ランナーより走っています、ランナーは人から人へ繋いだらそこで終わりですが、こいつはずっと走っているのですごいですよね」と笑いを誘った。

 日本生命による聖火ランナーの募集は24日より開始。国籍、障がいの有無、性別、年齢(安全なリレーのために下限年齢は設定)にかかわらず、地域で活動している人を中心に選ばれる。詳細は公式サイトまで。

最終更新:6/17(月) 13:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事