ここから本文です

やたらと唐揚げがウマいロックカフェの「唐揚げに対する愛とこだわり」について

6/17(月) 12:02配信

メシ通

「唐揚げがやたらとウマい」と評判のロックカフェ

音楽好きならば、知らない人はいない老舗ライブハウス「新宿ロフト」を始め、トークライブハウスも含め、東京と大阪合わせて9つの店舗を展開するロフトグループ。
そのなかでも、“ロックを喋る”をキーワードとしたカフェ業態を持つのが、「ROCK CAFE LOFT is your room」、通称「ロフトカフェ」です。
ロック・ミュージックを聞きながら、美味しい料理やお酒を楽しめる居酒屋として、2018年の3月にオープン。
以後、ミュージシャンや著名人、アイドルや芸人などによるトークライブや、DJタイムなどを楽しみつつ、落ち着いた雰囲気で食事を楽しめる箱として、毎晩賑わいを見せています。

新宿のド真ん中でトークライブハウスを“発明”した男がいまたくらんでいること【ロフトプラスワン平野悠氏インタビュー】

そのロフトカフェの唐揚げが「やたらと旨い」、という噂を聞きつけました。

なんでも、
◆オーダー率が50パーセントを誇る
◆一度帰ったお客さんが、唐揚げを食べるためだけに再び戻ってきた
◆系列店のスタッフが、わざわざ唐揚げを食べるために来る
のだとか……。その唐揚げ、いったいどれほど美味しいのか。

その味を確かめるとともに、レシピ開発者のSHONさんに、お話を伺ってきました。

イベントではなく唐揚げ目当てのお客さんが

SHON(しょん)さんは、かつて小滝橋にあった頃からロフトに出入りし、1999年に新宿歌舞伎町に移転した際には、バースペースを任されるように。ロフトカフェにはオープンから携わり、フードメニューの開発を担当。パンクバンド『ニューロティカ』の元べーシストである。

──とにかくロフトカフェの唐揚げは、美味しいとの噂を聞きました。なんでも会計を済ませて一度帰ったお客さんが、またすぐに戻ってきて、再度唐揚げをオーダーしたとか。

SHON:はい、ありました。イベント終了後の通常営業時間中に、外国人のお客さんの二人組が、それぞれビールと、唐揚げ1人前をシェアでオーダーして、食べ終わってすぐ退店したんだけど、また戻って来て今度は唐揚げ2人前をオーダー。しかも「ミネラルウォーターをくれ」って。その時は完全なる唐揚げ目当だっていうんで、あれはすごく嬉しかったです。

──外に出て「あそこの唐揚げ、美味しかった」って話になったんでしょうね。それももう一度戻ってくるなんて、相当ですね。

SHON:「そんなに喜んでもらえちゃうの?」っていうのもあって。俺、実は自信がないんですよ(苦笑)。だから一生懸命試行錯誤するんだけど。っていうのもさ、味覚って変わりますよね。夏と冬でも違うだろうし、汗を掻いてるときと、掻いてない時でも、しょっぱさの感じ方が違うと思うし。
だから、どの人にも同じように食べてもらうのは不可能だと思うんだけど、なるべくいつ来ても同じようなものを出したいなって思ってるし、そういうリアクションがあるとやっぱりすごく嬉しいです。

1/6ページ

最終更新:6/21(金) 17:14
メシ通

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事