ここから本文です

小野湖交流ボート大会、20チーム熱戦 宇部

6/17(月) 13:39配信

宇部日報

10人乗り込みタイムれース

 第24回小野湖交流ボート大会は16日、山口県宇部市アクトビレッジおのそばの同湖特設コースで開かれた。台風接近のため中止となった昨年から一転、今年は好天に恵まれ、県内外の20チームによる湖上の熱いタイムレースが繰り広げられた。同実行委員会主催。
 
 湖を活用した北部地域の活性化、地域交流と連携の促進を目的に毎年開催。熱中症対策として、これまでの7月下旬から時期を変更した。コースの長さは300メートル。1チームは、こぎ手8人、かじ取りと太鼓係が1人ずつの計10人。職場や地域の仲間と結成したチームが多かった。
 
 レースは、2回の予選を行った後、上位8チームが決勝に進出。宇部・山陽小野田消防局の職員で構成するスペシャリスト119が、2分9秒6のタイムで優勝した。
 
 風が強かったこともあり、ボートが真っすぐに進まず苦戦するチームや、疲れきって途中でオールをこぐ手が止まってしまうチームもあったが、仲間たちと励まし合ったり、歯を食いしばったりして、ゴールを目指していた。

最終更新:6/17(月) 13:39
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事