ここから本文です

【映像】ニャンコ300匹などを救助 ロシア動物保護施設の火災

6/17(月) 12:56配信

AP通信

サンクトペテルブルク、ロシア、6月17日 (AP)― ロシア北西部バルト海に面した同国文化の中心地サンクトペテルブルクで6月14日、動物保護施設から発生した火災で、ネコ300匹とイヌ数匹が救助された。
 火災が発生したのはサンクトペテルブルクからリカ・ボロシャ・ネバ川を挟んだ対岸のバシリエフスキー島にある動物保護施設で、消防車10台、消防士ら緊急作業班員37人が出動して、火災はおよそ2時間半後に消し止められた。
 この火災で、同施設に保護されていたネコ300匹とイヌ数匹が救出されたが、ネコやイヌにケガがあったかなどは不明。
 消防と警察が出火原因を調べている。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:6/17(月) 12:56
AP通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事