ここから本文です

フィッシャーズパークに市民制作ご当地アニメ!  柏市、「ふるさと甲子園」で優勝目指す!

6/17(月) 14:20配信

ちばとぴ!ニュース

6月13日、柏の市民公益活動団体「できる街プロジェクト」は、柏市代表として、全国ふるさと甲子園に出場することを発表した。(ちばとぴ!=柏のテガちゃんネル)

全国ふるさと甲子園は、全国から55地域が集結し、ロケ地とグルメでふるさと対抗!をキャッチフレーズにした「行きたいまちNo.1」を決定するイベントだ。 

イベントは今回5回目の開催で、柏市は2年連続の出場となった。
本年は、2020年に地上波テレビ放送が決定したご当地アニメ「超普通都市カシワ伝説」を制作しているできる街プロジェクトが中心となり、柏市のふるさと納税のPRと柏市への誘致を目的に優勝を目指す。

柏市には人気動画クリエイター「フィッシャーズ」がプロデュースしたスポーツアミューズメントパーク『フィッシャーズパーク』があり、子どもから大人まで楽しめるアスレチック施設となっている。また、多くの動画クリエイターに撮影ロケ地としても使われている。

柏市ふるさと寄付金PR大使でもあるご当地アイドル「コズミック☆倶楽部」や柏市役所の有志職員の協力を得て、イベントを盛り上げる。

関連イベントとして、柏市への誘致を目的に8月と10月に柏駅周りで、「柏アニメの日」を開催。
テレビアニメ版の柏ご当地アニメ新キャラクターや主題歌歌手の公開オーディション、柏のアニメ関連のお店によるイベントを計画している。

◆団体・施設紹介
◇できる街プロジェクト
「やりたいことの実現で地域活性化」を目的とした市民公益活動団体。
『ひとりでは難しいことも、みんなでやれば出来る』ということを具現化し、この企画を知った誰かが「別のやりたいこと」を実現して、柏にもっと人が集まり、柏を盛り上げる。新しい地域活性化の形を目指す団体である。

◇超普通都市カシワ伝説
柏に縁のある市民が制作している実在する柏の街を舞台に柏の街やイベントなど柏の魅力をゆるく発信する柏の地域活性化を目的とした柏のご当地ゆるアニメ。
2015年10月にクラウドファンディングを開始し、現在、柏駅・柏市街地のデジタルサイネージなどで放送中。
2020年にローカルテレビ局でテレビアニメ放送予定。

◇フィッシャーズパーク
人気動画クリエイター「フィッシャーズ」がプロデュースするスポーツアミューズメントパーク。
様々なアスレチックアトラクションを備え、「フィッシャーズ」の大人気コンテンツであるアスレチック動画の世界観の中で、子どもから大人まで“本気で挑める”“楽しめる”新しい形のアスレチックパーク。

◇コズミック☆倶楽部
2012年パッパラー河合プロデュースの元、柏市で結成されたモデル系ご当地美脚アイドル。
メンバーはnarumin、remi☆。千葉県のモデル集団「ちばかわいいくらぶ」をリードする存在であり、現在は柏市ふるさと寄付金PR大使、チバザビーフPR大使、チームHRSレースクイーンを務める。地域活性化を掲げ活動の幅を広げる。

◆問合せ
電話番号:090-5476-4356
メール:project@dekimachi.com
担当:できる街プロジェクト プロデューサー 楠本 慶彦(くすもと よしひこ)

最終更新:6/17(月) 14:20
ちばとぴ!ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事