ここから本文です

耳あかはある程度あった方がいい!? トラブルを防ぐ正しい「耳かき」方法

6/17(月) 11:32配信

FNN.jpプライムオンライン

感染症を引き起こすと命の危険も…

気持ちが良くて、ついついやってしまう耳かき。だが、耳かきには思わぬ落とし穴がある。

【画像】耳かきをしすぎな人の耳の中

今年5月、イギリスでは耳かきが原因で31歳の男性が意識不明の重体となり、病院に搬送されたというニュースが報じられた。
綿棒の綿の部分が耳の中に残って細菌が発生し、脳まで広がったというのだ。

本当に耳かきでこんなことが起きてしまうのだろうか?医師に詳しい話を聞いた。

たなか耳鼻咽喉科・田中伸明院長:
特殊なばい菌だったり、弱いばい菌でも骨を溶かしていってしまうようなことが起こることもあります。
顔の神経、顔面神経というものもありますし、ちょっと上に行くと脳みそに繋がっていますから。そういうところに感染を起こすと、命に関わるという話をしなければいけなくなることはあります。

命の危険もあるという耳かきのトラブル。中でも多いのがこちら。

耳の中にカビが入り込み、感染症を起こしてしまった映像だ。耳かきによる炎症がかさぶた状になり、そのかさぶたが湿ってカビを発生させていた。
さらに、耳かきのし過ぎで耳あかがコルク状に固まり、耳の穴を塞いでしまうケースもあるという。

あなたはどうやって「耳かき」してる? 頻度・深さを調査

街で耳かきについて聞いてみると…

60代の女性:
お風呂上がりに必ずやっています。だから、ほとんど毎日(耳)掃除というか、水をとりながら綿棒で。気持ちいい!すっきりって感じがする。

20代の女子大学生:
週に1回とか。

普段、どのように耳かきしているのか再現してもらった。

20代の女子大学生:
多分これくらいだと思います。

綿棒はどれくらい耳の中に入っているのか?計測してみると1.5cmだった。

週に1回のペースで耳かきをしているという20代の男性会社員は…

20代の男性会社員:
僕、多分めっちゃ奥まで押し込んでグリグリって入れてます。結構入れている気がします。

綿棒の深さを計測してみると2cmだった。

20代の男性会社員:
奥の方に残った(耳あかが)取れたのを見るとね、残ってるのは嫌だなって感じます。

耳あかが気になって、ついつい綿棒を奥に入れてしまうという声に共感する人もいるだろう。

20代の女性会社員:
結構奥の方までやってしまいます。小学校か中学校の頃に、耳かきをし過ぎて赤くなってしまって、病院に行ったことがあります。

中には、耳かきをし過ぎて耳の中を傷めてしまう人もいた。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 11:32
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事