ここから本文です

【映像】全米オープン最終日 最終組のウッドランドとローズがティーオフ 優勝の行方は混戦模様に

6/17(月) 7:12配信

ゴルフネットワーク

 現地16日、海外男子メジャー今季第3戦の全米オープンゴルフ選手権(カリフォルニア州/ペブルビーチGL)は4日目、最終組の11アンダーで単独首位のゲーリー・ウッドランド(米国)と、1打差で追う2位のジャスティン・ローズ(イングランド)のペアリングが日本時間17日午前6時30分にティーオフしました。

 1番ホールはウッドランド、ローズともにティーショットはフェアウェイに。ローズのセカンドショットは約2メートルのバーディチャンスにつけ、これを沈めてバーディ。ウッドランドはパーとし、1ホール目でローズが首位を捉えました。

 その他上位を狙う選手では、全米オープン3連覇がかかるブルックス・ケプカ(米国)、ルイ・ウーストヘイゼン(南アフリカ)、ザンダー・ショフレ(米国)らがスコアを伸ばしています。

 プレーが順調に進めば最終組は日本時間10時30分ごろにホールアウトの見込みで、119人目の全米オープン王者が決まります。

最終更新:6/17(月) 7:12
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事