ここから本文です

水沢商が団体準V 県高校簿記コンクール【岩手】

6/17(月) 9:30配信

岩手日日新聞社

 第35回県高校簿記コンクール(県高校商業教育協会主催)は15日、花巻市石鳥谷町の県立花北青雲高校で開かれ、団体の部は盛岡商が優勝、水沢商が準優勝し、ともに全国大会出場を決めた。

 県内の5校29人が出場。競技は2部制で、1部は取引の記帳と決算、2部は原価計算などを中心に出題された。

 団体の部は各校上位3人の合計得点で順位を争い、盛岡商が水沢商との接戦を制した。両校は7月21日に関西学院大で開かれる全国大会に出場する。

最終更新:6/18(火) 10:25
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事