ここから本文です

ローソンの無人実験店、当初は店員1人待機

6/17(月) 20:13配信

ニュースイッチ

いずれ完全無人に、防犯カメラは増設

 ローソンは7月に横浜市内の1店舗と東京都内の郊外にある1店舗で夜間無人営業の実験を始める。いずれもフランチャイズ加盟店で、横浜の店舗は来店客が多めで、東京郊外店舗と比較できるようにした。時間は午前1時から5時まで。入店には専用アプリによる事前登録が必要。会計はアプリかセルフレジで行う。夜間の無人営業が可能かを見極め、人手不足対策になるかどうかを検証する。

 スマートフォン上に表示される「QRコード」を入り口でかざし、本人確認後に入店する。購入品はセルフレジで現金や電子マネー、クレジットカードで支払う。アプリ「ローソンスマホレジ」を使えば、商品棚の前で決済できる。年齢確認が必要な商品は販売しない。実験開始当初は、店員1人を待機させるが、その後は完全無人にする。防犯のためカメラなどは増設する。

最終更新:6/17(月) 20:13
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ