ここから本文です

キハ183系初期車両 安平に設置

6/17(月) 10:44配信

北海道新聞

 道内の鉄道ファングループ「北海道鉄道観光資源研究会」は6月16日、胆振管内安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に併設された新鉄道資料館横などに、道内固有の特急用ディーゼル車「キハ183系」の初期型の先頭車両2両を設置した。先頭車両は高さ約4メートル、長さ約21メートル、重さ約46トン。15日夜に札幌市のJR北海道苗穂工場から運び出し、16日に新鉄道資料館横と道の駅から約4キロ離れた旧鉄道資料館に設置した。新資料館ではSL「D51形320号機」とキハと並ぶ姿が見られた。

最終更新:6/17(月) 10:44
北海道新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事