ここから本文です

添田豪、第1シードに敗れチャレンジャー大会決勝進出ならず<男子テニス>

6/17(月) 13:48配信

tennis365.net

ネイチャー・バレーオープン・ノッティンガム

男子テニスのネイチャー・バレーオープン・ノッティンガム(イギリス/ノッティンガム、芝、ATPチャレンジャー)は16日、シングルス準決勝が行われ、添田豪は第1シードのD・エヴァンス(イギリス)に4-6, 2-6のストレートで敗れて、決勝進出とはならなかった。

【添田 応援が「本当に力強かった」】

この試合、エヴァンスのファーストサービスが入った時に78パーセントの確率でポイントを獲得された添田は、1度ブレークに成功したものの、自身は4度のブレークを許し1時間10分で力尽きた。

また、1日2試合を行うダブルヘッダーとなったこの日、エヴァンスはその後行われた決勝で第13シードのE・ドンスコイ(ロシア)を7-6 (7-3), 6-3のストレートで下して優勝を決めている。

34歳の添田は今後17日に開幕するイルクレー・トロフィー(イギリス/イルクレー、芝、ATPチャレンジャー)に出場し、1回戦で予選勝者と対戦する。

最終更新:6/17(月) 13:48
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ