ここから本文です

【ドコモの新料金プラン】ドコモユーザーの筆者が、2430円安くするための「4つの条件」

6/17(月) 14:01配信

マネーの達人

ドコモユーザーの皆さま、6月から新料金が始まりましたが、プラン変更はされたでしょうか。

ネットを覗けば、「高くなる」という声もあるだけに躊躇します。

筆者も正直ちょっとドキドキしながら、変更すると6月の料金は、なんと2140円です。(税込6月9日現在)

料金はまだ確定していませんが、5月は4570円でしたから、これまでよりは安くなりそうです。

2140円に確定するために、

新料金プランでお得になる条件
を調べてみました。

条件1:「定期契約あり」ギガライト契約で1Gまでにデータ通信を抑えるべし

新しい料金プランは、2つあります。

「ギガホ」…毎月最大30GBまで速度制限なし。超過後は送受信最大1Mbpsの速度で利用可能 定期契約あり6980円、なし8480円

「ギガライト」…毎月1~7GBの間で使った分だけ支払う 定期契約あり2980円~5980円、なし4480円~7480円

当然データ量が少ないギガライトの方が、安くなります。

つまり「定期契約あり」のギガライトを契約し、1か月1Gまでの使用でおさめれば、ギガライトステップ1となり料金は2980円(税抜)です。

条件2:「みんなドコモ割」できる家族を探すべし

これは、筆者の6月分の料金明細です。

未確定ですが2140円です。

先に述べたギガライトステップ1の定額は2980円にもかかわらず、税込金額でも840円安くなっています。

実はそれは、「みんなドコモ割」という特典のおかげなのです。

このサービスは、「ファミリー割引」が適用されている回線が3回線以上あれば1000円、2回線なら500円割引されます。

筆者の場合は、家族みんなドコモなので、3回線以上1000円割引となるわけです。

ファミリー割引は同居・別居を問わず、支払いを一緒にする必要もありません。

また三親等まで最大20回線まで認められるので、通話料金を減らすためにもドコモユーザーのご家族を探してみてはいかがでしょうか。

ただし2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランはファミリー割引グループ内であっても、カウント対象となります。

ご注意ください。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 14:01
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事