ここから本文です

バルサとレアルの争奪戦 久保に続き次は“プレミアの至宝“を狙う

6/17(月) 12:00配信

SPORT.es

FCバルセロナとレアル・マドリーはここ最近、プレミアリーグの至宝に関心を示している2クラブである。それは今シーズン、プレミアリーグ史上最年少でデビューを飾ったハーヴェイ・エリオットである。

久保建英 バルサ蹴り、レアル加入の決め手は“2年目の保証”

彼は所属チームのフラムで16歳と30日でデビューを飾っている。5月4日にモリニュー・スタジアムで行われたフラムがウルヴァーハンプトン・ワンダラーズに敗れた1戦の88分からピッチに立っている。

デビューを果たしてから、今のところ獲得可能な価格であるエリオットに対して、多くのクラブが関心を示している。彼の契約には、プレミアリーグ以外のクラブからオファーがあった場合、フラムを退団することができる条項が盛り込まれている。それ故にRBライプツィヒも彼の獲得に関心を示している。プレミアリーグ以外のクラブへの彼の価格は、現在200,000ポンド(約2700万円)と言われている。

フラムは既にエリオットに新しい契約のオファーを出しているが、今のところ同意には達していない。彼の退団は近いようだ。現在のところ同MFは公にはまだ何も発言していないが、契約更新を行わないことが予想されている。

SPORT.es

最終更新:6/17(月) 12:00
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事