ここから本文です

松本航ホーム初白星 西武3カードぶり勝ち越し 貯金生活に復帰

6/17(月) 11:57配信

西日本スポーツ

 ◆西武10-6ヤクルト(16日・メットライフドーム)

 喜びと悔しさが交錯する本拠地初めてのお立ち台となった。5月19日のオリックス戦でのプロ初登板初先発初勝利以来、約1カ月ぶりの2勝目。松本航が本拠地で初の白星を挙げた。「強いボールをしっかり投げようと思った。先発としてもっと長いイニングを投げないといけない」。ホーム6連戦を勝利で締めても、6回途中2失点では満足できなかった。

【写真】松本航の初勝利記念Tシャツ

 山田哲に初回先頭打者弾を許す苦しい立ち上がり。2回も無死満塁と大ピンチを招いた。「一人一人にしっかり自分の球を投げようと思った。(ストライクを)取りにいって打たれたら、いつもと一緒。チャレンジャーの気持ちで勝負していこう」。2死を取り、山田哲を直球で右飛に打ち取った。プロ入り後最速の151キロの直球を軸にリズム良い投球を繰り広げると、味方から援護点をもらった。

 プロへの道をともに目指した父昭浩さん(51)にも「父の日」のプレゼントとなった。試合前に「勝てるように頑張ります」とメッセージを送っていた。初勝利後、勝てない日々が続いたが、父からは「打たれるのは当たり前。高いレベルでやっているからチャレンジャー精神で」と励まされた。その言葉をマウンドで生かした。

 チームも3カードぶりの勝ち越しで貯金生活に復帰。辻監督は「(最近2カードは)初戦を取って負け越した。(3戦目を)取ったので次に気分よくいける」とうなずいた。

西日本スポーツ

最終更新:6/17(月) 11:57
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/19(金) 17:35

あなたにおすすめの記事