ここから本文です

鉄スクラップ 関西輸出価格2万8050円

6/17(月) 11:55配信

日刊産業新聞

 関西鉄源連合会(会長=黒川友二・扶和メタル会長)が先週14日に実施した第82回鉄スクラップ共同輸出入札は、落札価格がトン当たり2万8050円(H2グレード・大阪湾岸FAS)だった。成約数量は5000トン。11日の関東テンダーの平均落札価格より917円安い。需要低迷で国内鉄スクラップ相場が続落する中、米国鉄スクラップ相場の大幅下落や韓国・現代製鉄の日本への鉄スクラップ輸入提示価格引き下げなど、海外市況の軟化が落札価格に反映されたとみられている。

最終更新:6/17(月) 11:55
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事