ここから本文です

「ジョジョ」第34話、声優たちの入れ替わり演技に称賛の声「演技力の見せ所シーン」

6/17(月) 12:43配信

AbemaTIMES

 6月14日より順次放送されているアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」の第34話では、登場人物たちの精神が入れ替わる展開があった。肉体はこのキャラクターだが、精神はあのキャラクター……という難しい演技をこなした声優たちに称賛の声が寄せられた。

 第34話「鎮魂歌(レクイエム)は静かに奏でられる その1」では、ディアボロがキング・クリムゾンを発動したその時、ポルナレフのスタンドであるシルバーチャリオッツが“矢”に貫かれた。ディアボロ、そしてコロッセオに近づいていたジョルノたちの身体に異変が起き始め、深い眠りから覚めた彼らの精神には、ある変化が現れていた。

 なんとミスタの肉体にトリッシュの精神、ナランチャの肉体にジョルノの精神……のように、登場人物たちの中身が入れ替わってしまった。総作画監督を務めるアニメーターの石本峻一は、「それぞれ入れ代わったキャラっぽさを意識して描いていましたが、個人的には、トリッシュとミスタの表情をコミカルに描くのが楽しかったです!」とツイートした。

 声優たちの演技も話題になっている。肉体の持ち主であるキャラクターの声をしてはいるが、精神が別のキャラクターなので話し方や声の調子が違うという難しい演技を出演声優たちが披露しており、Twitter上では、「声優陣の演技が凄かったわ~」「声優の演技力の見せ所シーン」「同じ声優なのに話し方で違いがわかる」「これは声優さんの名演技回」と称賛の声が相次いだ。

(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

最終更新:6/17(月) 12:43
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事