ここから本文です

半端ない!「大迫勇也スタジアム」誕生 市民栄誉賞副賞で命名権

6/17(月) 12:08配信

西日本スポーツ

 鹿児島県南さつま市は16日、同市出身でサッカー日本代表の大迫勇也(29)に、初となる市民栄誉賞を授与した。副賞として市内の加世田運動公園陸上競技場の命名権も贈呈。「OSAKO YUYA stadium」という「半端ない」スタジアムが誕生した。

【写真】「大迫半端ないって」と書かれた応援幕

 命名権の期間は今年5月から5年間。同スタジアムでの授与式で「光栄です」と語った大迫は、日本代表戦で使用したスパイクを市に寄贈。小中高校時代にプレー経験があるという思い出の地で「ここからプロになる選手がどんどん出てきてほしい。できれば一緒にプレーしたい」と語った。

西日本スポーツ

最終更新:6/17(月) 12:08
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事