ここから本文です

『イッテQ』出川哲朗、ペネロペ・クルス、ベラ・ハディッドらと2ショットGETに反響

6/17(月) 17:43配信

クランクイン!

 16日放送のTV番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系/毎週日曜19時58分)にて、お笑い芸人の出川哲朗がペネロペ・クルスをはじめとする有名ハリウッドスターとのツーショットを次々とゲットする姿が、視聴者の間で大きな反響を呼んでいる。

【写真】「パパラッチ出川」のオフショットを谷まりあが披露


 出川がフランスで開催される「カンヌ国際映画祭」でパパラッチを担当するのは今年で4年目となる。出川と谷まりあが1日目に狙った場所は、暇つぶしにセレブたちが遊びに来るというカジノ。ここでは幸運にも、映画『マスク・オブ・ゾロ』で主演を務めるアントニオ・バンデラスが現れ、2ショットをGET。続けて、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』など数々の有名映画で知られるペネロペ・クルスが登場すると、快く出川とのツーショット撮影に応じていた。

 2日目は人気歌手のセレーナ・ゴメスを狙うと宣言されたが、出川は「せねーなゴメス? 誰誰誰?」と全く理解していないまま教えられた彼女の有名曲「TakiTaki」のワンフレーズから、「俺はタキタキルンバをやる」と気合十分。高級車からセレーナが下りて来るや否や「セレーナ! 出川ウィズシンギング!」とおなじみの“出川イングリッシュ”を繰り出し、「たきたきだーんずじゃない!タキタキルンバ! タカタキルンバ!」と歌詞を間違えながらも熱唱。スタジオを爆笑の渦に巻き込んだが、ツーショットを撮る事はかなわなかった。

 そして午後から始まったレッドカーペットでは、冒頭から映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで米アカデミー賞監督賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥとツーショットを撮影し、順調な滑り出しかと思うも、再び登場のセレーナ・ゴメス、そしてアダム・ドライバー、エルトン・ジョンからスルーされてしまう。

 このままじゃ日本に戻れないと3日目の撮影に挑んだところ、『キングスマン』シリーズや、日本公開を控える『ロケットマン』出演で知られるタロン・エガートン、モデルのベラ・ハディッド等、名だたるセレブたちとの撮影に成功した出川。

 その他にも窪田正孝や三池崇史との遭遇、フランスの大御所俳優アラン・ドロンに手を振られるなど、さまざまな々なうれしいハプニングがあった今回のロケに、出川が「大成功!」と満面の笑みをこぼしたところでVTRは終了。

 世界で活躍するセレブ達の写真を次々とゲットする出川に対し、放送中のSNSでは「パパラッチ出川メチャクチャオモロイ」「今年も笑わせてくれた」「イッテQ!のパパラッチ出川見て爆笑」など歓喜の声が続出。

 出川に神対応を繰り出すセレブ達も話題となり、一時はトレンドに「イッテQ」が入る程の盛り上がりを見せていた。また、同行していた谷のインスタグラムに掲載された疲れ切った出川のキュートなショットも話題になっている。

引用:https://www.instagram.com/mariaaaa728/

最終更新:6/20(木) 20:45
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事