ここから本文です

関西初の新ホテルブランド、来年は系列店が4軒も

6/17(月) 6:00配信

Lmaga.jp

「ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ」(本社:東京都千代田区)による関西初のブランド「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」(大阪市中央区)が6月7日にオープン。2020年には京阪神で4つのホテルを開業を予定しているという。

【写真】コンセントとwifi完備のラウンジ

略して「ロイパ」と、関東地方では周知される宿泊施設「ロイヤルパークホテル」。これまではフルサービス型のアッパー~ミッドグレードに位置する「THEシリーズ」が中心に展開されており、関西では京都・三条に2011年、四条に2018年にオープンしている。

今回の「キャンバス」シリーズは、2019年3月に銀座で登場したばかりの新ブランド。これまでの高級志向から一変し、ミレニアル世代がターゲットだ。「若い世代は高いものが良いという選び方はせず、自分の価値観に合うホテルを選ぶ傾向がある。遊び心あふれる場所を目指したい」と広報は話す。そのため、遊び心を活かしたデザイン、DJイベントなども不定期でおこない宿泊者や地元の人々が交流できるラウンジがポイントに。

初の試みとして、自分でコーヒー豆をブレンドしてハンドドリップできるコーヒー(宿泊者は無料、通常500円)、コミュニケーションロボットの「RoBoHoN」や「Pepper」を朝食時に設置。また、テレビモニターでは、ヨガ世界大会で日本実初のワールドチャンピオンとなった三和由香利さんによるオリジナルストレッチを楽しむことができるなど、従来のホテルにはなかった新しいコンテンツを打ち出している。宿泊料金は1室15000円~。

そして、2020年春には宿泊主体型のラグジュアリーブランド「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋」(大阪市中央区)が開業。こちらは「The Art of time~美しい時間を。~」をコンセプトとし、スタッフによるおもてなしを重要視するとのこと。そして、秋・冬には「THEシリーズ」が神戸・三宮、京都の梅小路、二条が続き、関西で急増する。

最終更新:9/2(月) 1:47
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事