ここから本文です

園児が身を守る方法学ぶ 富山・かたかご保育園

6/17(月) 12:02配信

北日本新聞

 富山市五福のかたかご保育園で17日、防犯教室が行われ、園児83人が不審者から身を守る方法を身に付けた。

 富山西署と富山西防犯協会、五福地区防犯協会が企画。五福交番の草木実所長が「知らない人に付いていかない」「家の人から離れない」などと呼び掛けた。

 同署の防犯イメージキャラクター「富山西ぞう君」が登場し、園児一人一人がハイタッチして触れ合った。DVDを鑑賞し、不審者に対して大声を出して助けを求めたり、走って素早く逃げたりする対処法を学んだ。

 富山西防犯協会の山崎郁子事務局長が防犯ホイッスルや不審者対応を題材とした塗り絵台紙を園児に贈った。

北日本新聞社

最終更新:6/17(月) 12:02
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ