ここから本文です

信州ブレイブウォリアーズ…昨季加入の佐藤託矢、栗原ルイスとの契約基本合意を発表

6/17(月) 17:26配信

バスケットボールキング

 信州ブレイブウォリアーズは6月17日、佐藤託矢、栗原ルイスとの選手契約基本合意を発表した。

 現在35歳の佐藤は、198センチ102キロのパワーフォワード。青山学院大学卒業後の2006年に三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋(現名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)でキャリアをスタートさせ、その後は千葉ジェッツ、つくばロボッツ(現茨城ロボッツ)、和歌山トライアンズ、京都ハンナリーズ、横浜ビー・コルセアーズを渡り歩いた。2018-19シーズンから信州へ移籍し、レギュラーシーズン49試合の出場で51得点82リバウンド(同3.0リバウンド)を記録した。

 在籍2シーズン目を迎える佐藤は、クラブの公式HPを通じて「今シーズンもブレイブウォリアーズでプレー出来ることを嬉しく思います。念願のB1昇格に向けてみんなで頑張っていきましょう!また会場でみなさんに会えるのを楽しみにしています」と、ブースターへメッセージを送った。

 佐藤同様、昨季から信州へ加入した栗原は、188センチ86キロのガードプレーヤー。パリサデス高校、ウィッティア大学を経て信州に入団すると、レギュラーシーズン計41試合に出場して267得点(1試合平均6.5得点)をマークした。

 同選手は、「2昨シーズンの経験を活かし、日々成長できるようにがんばります!応援よろしくお願いします!」とコメントした。

 なお、信州は同日、石川海斗との契約満了、練習生として活動していた武田遼馬がベルテックス静岡と契約に至ったことを発表した。

BASKETBALL KING

最終更新:6/18(火) 10:52
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ