ここから本文です

【MLB】大谷翔平、9回にもヒットで3戦ぶりマルチ 5回には11打席ぶり安打&同点生還

6/17(月) 5:11配信

Full-Count

「3番・DH」で5試合連続スタメン出場、初回は四球で3度出塁

■レイズ – エンゼルス(日本時間17日・タンパ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レイズ戦に「3番・DH」で5試合連続スタメン出場。5回の第3打席で2試合ぶりのヒットを放つと、味方のタイムリーで同点のホームを踏んだ。さらに、第5打席でも快音を響かせ、3試合ぶりのマルチヒットを記録した。

【画像】祝福の仕方が独特すぎる!? 「大谷まあまあやるやん…」と日本語で書かれたエンゼルス守護神ロブレスの左手の実際の写真

 大谷は、父の日のため他の選手と同様に水色の用具を身に着けて出場。初回無死一、二塁では「オープナー」の右腕スタネクから四球を選んで満塁へとチャンスを広げ、続くプホルスの先制犠飛を呼んだ。

 しかし、エンゼルスは先発キャニングが2回までに3失点で逆転を許す。大谷はピッチャーが左腕ビークスに代わった3回無死一塁では見逃し三振。1点差となった5回は1死走者なしで3度目の打席へ。フルカウントからビークスの低めへのチェンジアップを捉え、ライト前に運んだ。これが11打席ぶり(2四球含む)の快音。その後、三塁まで進み、フレッチャーの三塁内野安打で同点のホームを踏んだ。それでも、キャニングはその裏にファムにソロ弾を浴び、すぐに勝ち越しを許した。

 大谷は7回1死走者なしの第4打席は左腕ポシェの前に空振り三振。エンゼルスは8回に2点を追加され、3点差とされるも、9回にトラウトの2ランで1点差に迫る。続く大谷はピッチャー強襲の内野安打。日本人メジャーリーガーとして初のサイクル安打を達成した13日(同14日)のレイズ戦以来、3試合ぶりのマルチ安打を記録した。

 大谷は今季、5月7日(同8日)の敵地タイガース戦で復帰。この試合の前までの成績は、33試合出場で129打数35安打の打率.271、8本塁打、27打点、OPS(出塁率+長打率).831となっている。

Full-Count編集部

最終更新:6/17(月) 5:16
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事