ここから本文です

【MLB】カブスがリーグV2ドジャースを倒すには? 「ダルビッシュの投球が希望の光」

6/17(月) 10:07配信

Full-Count

ダルビッシュは17年ワールドシリーズ第7戦以来のLA登板で7回10K2安打1失点と躍動

■カブス 2-1 ドジャース(日本時間16日・ロサンゼルス)

 カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、今季3勝目をかけて敵地ドジャース戦で先発。17年11月1日(同2日)のワールドシリーズ第7戦以来591日ぶりのロサンゼルス登板は7回10奪三振2安打1失点と快投を演じた。1点ビハインドの場面で降板したが、9回にリゾが逆転19号2ラン。チームは逆転勝ちし、右腕は9試合連続で勝敗付かずの球団記録。防御率は4.65となった。米スポーツ局「ESPN」は「カブスは本当に強豪ドジャースと争うことができるか?」との記事を掲載。チーム躍進の鍵を握るのはダルビッシュだと言及している。

【動画】ダルビッシュがドジャースタジアムのマウンドに再び…“キレ”のある投球で三振の山を奪う!

 本来の投球が戻ってきた。4回先頭でベルドゥーゴに先制ソロを浴びたが、同2死三塁を脱するとピンチらしいピンチも作らせなかった。7回109球(ストライク68球)を投げ、今季2度目の2桁10奪三振、1四球、2安打1失点。3試合ぶり今季4度目のクオリティ・スタートを達成し、日本人最多を更新する大リーグ通算36度目の2桁三振を奪った。

 チームは16年にワールドシリーズを制覇したが、17年はリーグ優勝決定シリーズ、18年はシーズン終盤に失速してワイルドカードゲームで涙した。チームはここまでナ・リーグ中地区2位に付けているが、悲願のWS制覇へはリーグ2連覇中で今季もナ・リーグ西地区を独走するドジャースを破らなければならない。同局は記事で「今のドジャースには、どの投手に対してもダメージを与えられる左打者たちがいる。カブスの打線が良くないと言っているわけではないが、ドジャースと同じレベルではない。カブスは良いチームだが、ドジャースは素晴らしいチームである」と指摘している。

 ドジャースは15日(同16日)までリーグトップ被打率.222を記録する強力投手陣がいるが、カブスはリーグ5位の被打率.245。さらに本拠地で27勝8敗と絶対的な強さを誇るドジャースは敵地でも20勝16敗。一方のカブスは本拠地24勝11敗も敵地では15勝20敗と負け越している。記事ではセオ・エプスタイン編成本部長は「敵地でもリズムに乗る方法を見つけなければならない」とのコメントを紹介しているが、その悩みを解消するのが敵地ドジャース戦で快投したダルビッシュだと言及している。

「ダルビッシュが見せた最高の投球は希望の光である。彼は土曜日に自身の中の悪魔を退治し、この先に必要となる自信を得た。カブスはそのような投球を必要としている」

 次回登板は22日(同23日)の本拠地・メッツ戦と予想されるダルビッシュ。今季本拠地初勝利を挙げ、チームを勢いづけたいところだ。

Full-Count編集部

最終更新:6/17(月) 10:07
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事