ここから本文です

ル・マン24時間:コルベット使いのマグヌッセン、首位争い中にまさかの失態。「どう謝罪すればいいか……」

6/17(月) 16:00配信

オートスポーツweb

 プラット・アンド・ミラーが運営するコルベット・レーシングの2019年ル・マン24時間レースは、63号車シボレー・コルベットC7.R(ヤン・マグヌッセン/アントニオ・ガルシア/マイク・ロッケンフェラー組)と64号車コルベット(オリバー・ギャビン/トミー・ミルナー/マルセル・ファスラー組)がいずれもクラッシュを喫す失意のレースとなった。

【動画】今大会最大のクラッシュとなった64号車コルベットと88号車ポルシェのアクシデント

 コルベット・レーシングにとって今大会は、2000年から開始したル・マン挑戦20年目となるメモリアルイヤー。加えて、正式アナウンスこそないものの、来季は今年7月に発表される新型コルベットをベースとする新レーシングモデルの導入が予想されており、現行車『C7.R』での“ラストル・マン”という声も多く聞こえてきたイベントだった。
 
 そんな第87回ル・マン24時間において、コルベット陣営は64号車が予選11番手、63号車がセカンドロウの3番手を獲得。15日の15時にスタートを迎えると“激戦区”LM-GTE Proクラスの隊列のなかで、それぞれ順位を上げていく。
 
 しかし、スタートから6時間を迎える直前に事件が起こる。サルト・サーキットのセクター3区間にあるコルベット・コーナーで、ファスラー駆る64号車と星野敏がドライブしていたデンプシー・プロトン・レーシングの88号車ポルシェ911 RSRが接触。アウト側にはじき出されたコルベットは勢いを落とせないままコンクリートウォールに激突することに。
 
 このアクシデントでマシンは大破。64号車はその場でリタイアとなった。一方、幸いにもファスラーは無事であった。しかし、衝突Gが大きかったことからメディカルセンターでの診察後、念の為CTスキャンをとるために近隣の病院に搬送されている。

「この週末は僕たちが望んでいたものではなかった」と語るのは、3度のル・マンウイナーで64号車コルベットをドライブしたファスラー。

「僕ら3人がみな、ダブルスティントを予定していて、僕はあのラップでオリー(オリバー・ギャビン)に交代することになっていたんだ」

「だが、残念なことに僕はGTE Amのマシンにコース外にはじき出され後、かなりの衝撃でバリアに打ちつけられることになった。その瞬間に僕たちのレースは終わったんだ」

「しかし、このクラッシュによって、コルベットがこの分野でもっとも安全なGTカーであることを示したと思う。事故後もシステムはすべて動いていたし、僕自身も大丈夫だからね。けれど、早々にレースを終えたのはやっぱり悲しい。正直、この状況を飲み込みきれないよ」

■アウトラップでのクラッシュ。悔やんでも悔やみきれず

 僚友64号車が姿を消すなか、スタートからトップ集団に加わっていた63号車コルベットにも試練が訪れていた。
 
 レース開始から10時間過ぎ、クラス3番手を走行していた63号車は、LMP1カーのクラッシュによって導入されたセーフティカー(SC)がトップを走る92号車ポルシェ911 RSR、2番手の51号車フェラーリ488 GTE Evoと自車の間に入った影響で大きくギャップを広げられてしまう。
 
 それでも、ライバルチームのトラブルやアクシデントで脱落するなか、チームは北米IMSAシリーズや過去のル・マンでの経験を基にストラテジーを組み立て、再び首位争いに復帰してみせる。
 
 しかし、チェッカーまで残り3時間半あまりで導入されたSCラン中に、アメリカンチームはまたしても不運に見舞われた。
 
 コルベット・レーシングはこのSCラン中にロッケンフェラーを呼び戻し、ベテランのマグヌッセンに交代していく。これまでと同様、完璧なピット作業でマシンを送り出したが、無情にもピットシグナルはレッド。トップを行く51号車フェラーリを含む隊列に加わることを妨げられてしまう。

 これによって焦りが出たのか、リスタート直後、タイヤが冷えた状態でコルベットコーナーに差し掛かったマグヌッセンがまさかのスピンを喫してしまう。この際にマシンはコンクリートウォールにヒット。小規模ながら足回りに損傷を負った。
 
 63号車はすぐにピットに戻り、修復作業が行われた後に戦線に復帰するが、終盤に失った2周はあまりに大きかった。結局、マグヌッセン組63号車はクラス9位でチェッカーを受け、チームとしては20年目のル・マンを不完全燃焼で終えることとなった。

「すべてがうまくいかなくなるまで、僕たちは最善を尽くした。チームのみんなは本当に素晴らしい仕事をしてくれた」とマグヌッセン。

「セーフティカーによって首位との差が広がったレース終盤は、我々がここに来る目的とは異なるが、2位を受け入れる選択肢も考えられていた。そんななか残念なことに、冷えたタイヤで縁石に乗ったことでマシンのコントロールを失い、壁にぶつかってしまった」

「この1年間、彼らが一生懸命働いてきたことを見てきた僕が、どれだけ後悔の念を抱いているのかを説明することはできない。首位争いができるクルマを持っていたのに、ほんの一瞬のミスですべてが台無しになってしまったんだ」

「本当に、チームになんて謝罪をしたらいいものか……。何とか埋め合わせができればいいと思っているよ」

 20年目のル・マンをクラス9位とリタイアという結果で終えたコルベット・レーシング。9度目のクラス優勝を逃したチームはこの後、2週間後にアメリカ・ワトキンズグレンで行われれるIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ第6戦グレン6時間レースに向けて、ふたたびハードワークを続けていく。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/17(月) 21:40
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事