ここから本文です

フェラーリF1代表、カナダでは善戦も「マシンの弱点が突然解決されたわけではない」と慎重な姿勢

6/17(月) 17:19配信

オートスポーツweb

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フェラーリの2019年型マシン『SF90』の弱点は、前戦カナダGPで突如として消えたわけではなかったと語った。

【写真】F1第7戦カナダGP:決勝レース後、1位と2位の順位ボードを入れ替えたベッテル

 シーズン開幕前の時点では、フェラーリは他のチームに対して優位な立場に立っていた。しかしメルセデスが開幕から7連勝を飾ったことで、その優位性はすでに消え去ってしまっている。

 パワーに関しては、フェラーリはメルセデスに対してアドバンテージを持っている。だがそれは、タイヤを有効に利用することに苦戦しているチームの苦労を相殺するできるほどのものではなかった。

 ビノットは、カナダGPではジル・ビルヌーブ・サーキットのコース特性のおかげで、フェラーリの抱える弱点による影響は少なくなったものの、マシンの弱点は依然として残っていると考えている。

 先週末ビノットは、「(ジル・ビルヌーブ・サーキットは)他のコースよりもパワーの影響を受けやすく、リヤタイヤに負担がかかる。バルセロナよりも、バーレーンに似たトラックだ」と話していた。

「ここに来れば、メルセデスに近づけるだろうとわかっていた。だがどれくらい近づくことができるのか、それについては何もヒントを掴んでいなかった」

「彼ら(メルセデス)と比べると、金曜日のパフォーマンスは厳しいものだった。だが週末を通してトラックの状況は改善されていき、グリップもよくなるので、我々はなんとかして弱点に対処した」

「しかし実際のところ、マシンはスペインGPの時とまさに同じだった。スペインGPのあとはアップグレードを投入していないし、我々の抱える弱点はまだマシンに残っている。単純なことだ」

「我々は作業に取り組み、改善する必要がある。カナダGPの後も、レースは続く。我々は戦い続け、彼らに挑み続けなければならない」

 今シーズン使用されているタイヤは、2018年シーズンで使用されていたものよりもトレッドの薄いタイヤだ。もちろんカナダGP以降もこのタイヤが使われていくことになるが、フェラーリ今後試す予定のアップグレードの開発に懸命に取り組んでいる。

 しかしビノットは、問題を解決するための“魔法の解決策”はないと述べた。

「我々はレース毎に、自分たち自身を向上させていかなければならない」

「この数レースで目にした問題に対処するために、我々はマラネロのファクトリーで複数のプログラムに取り組み始めた」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/17(月) 17:43
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事