ここから本文です

東京五輪の出場国が決まるU21ユーロ開幕!…初戦はポーランドがベルギーに逆転勝利

6/17(月) 3:27配信

SOCCER KING

 UEFA U-21欧州選手権2019が16日に開幕した。

 今大会はオーストリア、ベルギー、クロアチア、デンマーク、イングランド、フランス、ドイツ、ポーランド、ルーマニア、セルビア、スペインに開催国のイタリアを加えた12カ国が出場。予選開始時点は21歳以下だが、本大会は23歳以下のチームで争われる。

 グループステージは4カ国ずつ3グループに分かれて総当たり戦を行い、各グループの1位と各グループの2位のうち最も成績の良いチームの計4カ国が準決勝進出とともに2020年に行われる東京オリンピックの出場権を獲得する。

 なお、オリンピック出場資格のないイングランドがベスト4に入った場合には、各グループ2位の中で準決勝に進出できなかった2カ国が対戦し、勝者にオリンピックの出場権が与えられる。

 開幕戦では、予選11得点のエースFWダヴィド・コフナツキら擁するU-21ポーランド代表と予選無敗(8勝2分)のU-21ベルギー代表が対戦した。試合は16分、イサーク・ムベンザのグラウンダークロスをアーロン・レヤ・イセカが合わせて、ベルギーが先制。だがポーランドは26分、シモン・ジュルコフスキがミドルシュートを沈めて試合を降り出しに戻す。

 後半に入ると、ポーランドは52分に左CKをクリスティアン・ビエリクが頭で叩き込み逆転。79分にはセバスティアン・シマンスキがジュルコフスキの折り返しを押し込んでリードを2点に広げる。ベルギーは84分にディオン・コールズがCKからヘディングシュートを沈めて1点を返したが、反撃はここまで。ポーランドが逆転勝利で白星スタートを切った。

 次節は19日に行われ、ポーランドは開催国のイタリアと、ベルギーはスペインと対戦する。

【スコア】
U-21ポーランド代表 3-2 U-21ベルギー代表

【得点者】
0-1 16分 アーロン・レヤ・イセカ(ベルギー)
1-1 26分 シモン・ジュルコフスキ(ポーランド)
2-1 52分 クリスティアン・ビエリク(ポーランド)
3-1 79分 セバスティアン・シマンスキ(ポーランド)
3-2 84分 ディオン・コールズ(ベルギー)

SOCCER KING

最終更新:6/17(月) 4:24
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事