ここから本文です

四国高校選手権 陸上・男子棒高跳び 野本(松山北)県高校新 

6/17(月) 9:29配信

愛媛新聞ONLINE

 四国高校選手権大会は16日、4県の会場で32競技を行った。愛媛勢は、バスケットボール女子で聖カタリナ学園が18年連続21度目の栄冠。ボートは全種別で県勢が頂点に立った。体操男子団体の新田、アーチェリー女子団体の松山東雲がともに4連覇を果たした。
 剣道団体は帝京第五が、テニス団体は新田が、ともに男女とも制した。新体操は女子団体で済美が20年ぶり、ホッケー女子で松山南が6年ぶりに1位に輝いた。
 陸上では、男子棒高跳びの野本唯人(松山北)が自身の県高校記録を塗り替える5メートル00で頂点に立ち、女子400メートル障害で松崎百華(松山北)が400メートルとの2冠を手にした。女子七種競技で越智心愛(聖カタリナ学園)が初優勝した。
 自転車では、男子の松山城南が5種目で表彰台に立ち総合で3連覇した。
 17日は陸上、ソフトボール、サッカー、ソフトテニスの4競技が行われる。

愛媛新聞社

最終更新:6/17(月) 12:50
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事