ここから本文です

ウォール街の一部ストラテジストら、米国債強気派に警告発する

6/17(月) 10:23配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ウォール街の一部の債券ストラテジストらの読みが正しければ、今週の連邦公開市場委員会(FOMC)は今後の利下げの可能性を明確に認めることは避けるかもしれない。米国債市場の強気派には気掛かりな見通しだ。

18、19両日開催のFOMCを控え、債券市場や多くのエコノミストは貿易摩擦で陰る世界経済成長見通しやインフレ期待の過去最低への低下を受け、年内の金融緩和観測を強めている。 14日発表された米小売売上高や米鉱工業生産指数は堅調だったものの、10年物米国債利回りはなお2017年以来の低水準付近にある。先物トレーダーは7月の0.25ポイント程度の利下げを折り込み、年内の追加緩和も見込んでいる。

だが、チャールズ・チャールズとTDセキュリティーズ、UBSのストラテジストらは、貿易面の悪材料だけを考慮して早期利下げが正当化されるとみるのは間違いだろうと指摘する。多数の米金融政策ウオッチャーは、当局が辛抱強い姿勢を後退させるのに十分な経済的逆風だと言うが、上記3社のストラテジストらは、月末の20カ国・地域(G20)首脳会合で通商対立が解消に向かう可能性は残るだけにその前に利下げにコミットするのは時期尚早だとみる。

TDセキュリティーズの金利戦略グローバル責任者、プリヤ・ミスラ氏は「G20サミット前に、米金融当局は利下げに縛られたくはないだろう。データの注視を続ける時間は多くある。米国債市場は、年内の悲観論を折り込み過ぎている」と指摘した。

今月発表された弱い雇用統計を受けて一部のエコノミストは見通しを修正し、7月にも利下げがあるとの見通しを示しているが、金融機関数社は年内の利下げを予想していない。ゴールドマン・サックス・グループとRBCキャピタル・マーケッツ、TD、UBSなどは年内の金利据え置きを見込む。

チャールズ・シュワブのチーフ債券ストラテジスト、キャシー・ジョーンズ氏は「市場はかなり行き過ぎて複数回の米利下げを織り込んでいる。このため、脆弱(ぜいじゃく)性が幾分ある。多くはFOMCのメッセージ次第だろう」 と述べた。

TDとUBSのストラテジストは年末の10年債利回りをいずれも2.6%と予想。一方、債券相場の強気派ではHSBCのスティーブン・メージャー氏が年末までに2.1%を付けると予想している。

原題:Some Wall Street Bond Strategists Are Cautioning the Rates Bulls(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Liz McCormick

最終更新:6/17(月) 10:23
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事