ここから本文です

“導き手”柴崎岳の熱い思い「自分の力を証明したい」

6/17(月) 9:39配信

ゲキサカ

 日本代表MF柴崎岳(ヘタフェ)は16日、翌17日のグループリーグ第1節チリに向けての公式会見に出席。東京五輪世代が中心となったチームのリーダーとして期待が懸かる男は「日本チームとして、最大限のベストを尽くして彼らと戦いたい」と力強く語った。

「経験のある選手が、試合の中でもピッチ外でも導いていくことが大事。彼らのような経験がまだ不足している年代においては、困ることもあるだろうし、そういうところをサポートしていきたい」

 そして、自身の中で抑えられない熱い思いも明かした。17-18シーズンからヘタフェに在籍して2年目を迎えたものの、初年度は序盤の負傷の影響もあってピッチに立つ機会が限られ、2年目の今季は思うように出場機会を得られずにシーズンを終えた。

「本人としては、この2年間リーグでそんなに試合に出られていない。やっぱり、自分の力をこういったレベルの大会で証明したいと思っている」

「若い選手にとって、この大会が結果とともに良い経験になるように導いていく」とチームの先頭に立ってけん引する役割も全うするが、それだけではない。ピッチ上で眩い輝きを放ち、自身の選手としての価値を改めて証明してみせる。

最終更新:6/17(月) 9:39
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事