ここから本文です

「ROG ZEPHYRUS S GX701GXR」特濃レビュー、至高のASUS製ゲーミングノートPC

6/18(火) 19:39配信

マイナビニュース

GeForce RTX 2080搭載、144Hz G-Syncに対応

ASUSのゲーミングノートPC「ROG ZEPHYRUS S GX701GXR」が、ついに日本でも6月21日から販売開始となる。今回はその評価機をテストできるチャンスに恵まれた。どの程度のパフォーマンスをみせてくれるのか、様々な角度から検証してみたい。

強くて薄い、至高のゲーミングノートPC

ゲーミングPCを買うなら設置場所を自由に選べるノート型がいいが、ノート型はスペックで妥協せざるを得ない点がいろいろ出てくる。CPUやGPUは高スペックでも分厚く重いもの(インテルが言うところのマッスルブック)だったり、液晶の質が今ひとつだったり……。誰もが納得できる至高のゲーミングノートPCはなかなか見つからないものだ。

だが、ROG ZEPHYRUS S GX701GXRは、17.3インチの144Hz G-Sync液晶に6コア12スレッドのCore i7-9750H、さらにGeForce RTX 2080というゲーマー垂涎のハード構成を採用していながら、ボディの厚さはわずか18.7mmと薄いのが最大の武器だ。

人気メーカーASUSのゲーマー向けブランド「ROG(Republic of Gamers:アール・オー・ジー)」を冠した製品だけに、第1ターゲットは重量級ゲームを高画質&高フレームレートで遊びたい人たち。そして、写真や動画編集等のクリエイターが第2のターゲットといっていいだろう。

ROG ZEPHYRUS S GX701GXRは、今年1月に開催された「CES 2019」の直前に存在が明らかにされ、米国ではすでに販売されている製品だが、6月14日に日本での発売計画が発表された(発売日は6月21日)。国内の予想価格は約45万円弱(税別)というハイエンドモデルだが、17.3インチの液晶画面にGeForce RTX 2080 Max-Q、かつ144HzのG-Sync対応……と絞り込むと意外なことにライバルはほぼ淘汰されてしまう。快適なゲーミング&クリエイティブ環境が欲しい人には魅力的な製品であることは間違いない。

ROG ZEPHYRUS S GX701GXRのスペック


CPU: Intel Core i7-9750H(6コア12スレッド、2.6GHz/最大4.5GHz)
チップセット: Mobile Intel HM370
メモリ: 32GB DDR4-2666
グラフィックス: NVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q 8GB
ディスプレイ: 17.3型、1,920×1,080ドット、144Hz駆動、応答速度3ms
ストレージ: 1TB SSD(M.2 NVMe PCIe 3.0)
通信機能: IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
インタフェース: HDMI 2.0b×1、USB3.1 Type-C/Gen2×1、USB3.1 Type-C/Gen1×1、USB3.1 Type-A/Gen2×1、USB3.0×2、3.5mmオーディオ
バッテリ駆動時間: 約5.8時間(JEITA Ver2.0)
サイズ: W399×D272×H18.7mm
質量: 約2.65kg
OS: Windows 10 Home 64ビット

1/8ページ

最終更新:7/11(木) 9:35
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ