ここから本文です

スワーヴドライヴァー、4年ぶりの来日公演を開催

6/18(火) 17:05配信

CDジャーナル

スワーヴドライヴァー、4年ぶりの来日公演を開催

スワーヴドライヴァー、4年ぶりの来日公演を開催

 1月にニュー・アルバム『フューチャー・ルインズ』を発表したシューゲイザー・バンド、スワーヴドライヴァー(SWERVEDRIVER)が、4年ぶりの来日公演を9月3日(日)東京・渋谷 WOMBにて開催。オリジナル・メンバーのアダム・フランクリン(vo,g)、ジミー・ハートリッジ(g)に、最新作のレコーディングにも参加していた元スーパーグラスのミック・クイン(b)と、2011年以来バンドをサポートしているマイキー・ジョーンズ(ds)の4人でステージに立ちます。

 スワーヴドライヴァーは1989年、英オックスフォードにて結成。ライドのマーク・ガードナーに渡した音源をアラン・マッギーが聴いたことがきっかけとなり、クリエイションと契約した彼らは91年にデビュー・アルバム『レイズ』を発表しました。その後3枚のアルバムを発表したものの99年に解散。2008年に再結成し、2015年には18年ぶりのアルバム『アイ・ワズント・ボーン・トゥ・ルーズ・ユー』を発表しています。

最終更新:6/18(火) 17:05
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事