ここから本文です

【ボクシング】戦うシングルマザー吉田実代に山本美憂から激励メッセージ

6/18(火) 19:00配信

イーファイト

6月19日、幕張メッセで行われるボクシングトリプル世界戦の前日計量が18日、東京ドームホテルで行われ、WBO女子世界スーパーフライ級王座決定戦に臨む「戦うシングルマザー」こと日本女子初代バンタム級王者&OPBF東洋太平洋同級王者の吉田実代(31=EBISU K’s BOX)は300gアンダーの51.8㎏、対戦相手でWBOアジア・パシフィック王者のケーシー・モートン(35=米国)はリミットの52.1kgで、共に一発で計量をパスした。

【フォト】吉田が初戴冠となった日本王座戦の前日計量、高野人母美が背中出しセクシーショット

 計量後の栄養補給にサムゲタン(鶏肉や高麗人参を煮込んだ韓国スープ)を手作りしてきたが「大事なスープだけ家に置いてきて、仕方なくご飯とチキンだけ食べました。緊張から? いえ、いつものことです」と吉田。気負いのない笑顔は充実したトレーニングとコンディション作りの表れだろう。

 4歳の一人娘、実衣菜(みいな)ちゃんを鹿児島の実家に預け、時にオーバーワークを心配されるほど練習に明け暮れた。その意気と覚悟を買い、スパーリングの相手を快く引き受けてくれたのがさまざまなジャンルの女子格闘家たちだった。

 7月12日に天海ツナミ(34=山木)との大一番が控える藤岡奈穂子(43=竹原慎二&畑山隆則)や、アトム級の花形冴美(34=花形)、宮尾綾香(35=ワタナベ)らプロボクシングの現・元世界王者のほか、7月5日に立ち技格闘技イベントRISE(ライズ)で那須川梨々(16=TEAM TEPPEN)とRISE女王戦を戦う紅絹(もみ/35=NEXT LEVEL渋谷)、総合格闘技団体パンクラスで活躍する藤野恵実(38=FIGHT FARM)などなど。

「みなさんが階級やジムの垣根を超えて、快く胸を貸してくださり、“絶対獲ってね”と言ってくださっている。女子選手の方々や、格闘技人生11年でお世話になった人たちに勝つことで恩返しをしないと」


 3日前には元レスリング世界女王で総合格闘家の山本美憂(44=KRAZY BEE/SPIKE22)からも、知人を介して激励の動画メッセージが届いた。戦うシングルマザーの先輩である山本は憧れの存在。「自分らしく頑張って。グアムで応援しています、と言ってもらいました」と目を輝かせた。美憂からは現在拠点としているグアムにも招かれたといい、「勝ったら娘を連れて合宿に行きたい。チャンピオンにならなきゃいけない理由が多すぎる」と、決戦に向けてモチベーションは上がりきっている。

 対するケーシー・モートンは「ボクシングの世界戦はずっと憧れてきた夢の舞台」と、前日計量ながらすでに感動しきりの様子。だが、予備計量でオーバーしていたことを記者から指摘されると「それ言う?」という茶目っ気たっぷりのジェスチャーのあと、最終減量にまつわるエピソードを披露した。

「じつは部屋にあった体重計が軽く表示されるもので、実際は200gオーバー。100gはトイレで落として、あとは…ホテルの化粧室で髪の毛を切ったんです」。長い黒髪に自分でハサミを入れ、20㎝ほどバッサリ。「後ろは自分で切れなかったのですが、たまたま居合わせた日本人の女性が手伝ってくれました」
 ハワイ在住だが日本人の母親を持つ。自身のルーツの地で受けた思わぬ親切に、またしても「感動」を口にしたモートン。「いい試合をお見せしてボクシングの素晴らしさを伝えたい」と、吉田同様にこの一戦に込める思いは熱い。

最終更新:6/18(火) 19:45
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ