ここから本文です

年収1000万円プレーヤーに聞いた、夏ボーナスの使い道トップは?

6/18(火) 6:30配信

ITmedia ビジネスオンライン

 会社員にとっては、間もなく夏ボーナスのシーズン。使い道を考えている人も少なくないのでは。人材サービスを手掛けるパーソルキャリアが、年収1000万円台のハイクラス層のビジネスマンに対して夏ボーナスの使い道を聞いたところ、ちょっと意外な結果が出た。

1000万円プレーヤーのボーナス使い道ランキング

1000万円プレーヤーは堅実?

 調査は5月、同社のハイクラス層向けのキャリア情報サービス「iX」(アイエックス)が実施。東京都、千葉県、神奈川県、神奈川県に住む年収1000万円台(1000万円以上1100万円未満)の30~50代の会社員男女400人に、インターネット上で行った。

 1000万円台の会社員に「あなたの夏ボーナスの使い道は何ですか」(複数回答可)と質問したところ、65.4%と断トツでトップになったのが「預貯金」。2位に「旅行」(28%)、3位「交際・飲食費」(18.7%)と続いた。

 実は、アイエックスが同様に年収400~500万円台の会社員(20~40代)で、同条件で同じ質問をしたところ、やはり1位は「預貯金」(64.1%)。ただし2位は「ショッピング」(18.3%)となった。

 年収が倍になってもあまり変わらないサラリーマンの貯蓄志向。調査データを分析したアイエックス責任者の清水浩昭さんは「映画やテレビドラマでハイクラスと言うと、20代の1000万円プレーヤーが良い暮らしをしているような描写がありがちだが、現実は少し違う」と指摘する。ポイントは年収と年齢層の関係にあるという。

背景に年金制度への不安も?

 清水さんによると、1000万円プレーヤーは40代が中心で、400~500万円台は20~30代前半が多い傾向にある。「年収1000万円台の人の多くは老後がそろそろ見え始めてきた世代。20代の預貯金の理由が『いざと言う時のため』『何となく』なのに対し、こちらは『将来のため』。やはり一気に散財することはあまりないようだ」とみる。

 一方で、年収1000万円層は結婚して配偶者や子どもがいる場合も多く、ある程度収入に余裕があることもあり、家族サービスのため旅行に使う人も多いのでは、と清水さんは分析する。

 年金制度への不安が高まりつつある昨今。華やかそうに見える1000万円プレーヤーでも、家庭の状況など現実を踏まえると堅実志向は変わらないと言えそうだ。

 アイエックスが同時に行ったアンケートによると、年収1000万円の人が社会人になって初めてもらった夏ボーナスの平均額は約27万円。直近の18年夏のボーナス額は約130万円という結果になった。

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:6/18(火) 6:30
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事