ここから本文です

壺屋焼若手10人の展示販売会 伝統に新しさの「そばマカイ」 21日から那覇市伝統工芸館

6/18(火) 10:29配信

琉球新報

 壺屋焼の若手陶工でつくる「壺の会」の展示販売会「壺屋焼10人展 第2回 それぞれの貌(かたち)~そばマカイ~」が21~30日、沖縄県那覇市牧志の市伝統工芸館で開催される。「そばマカイ」は沖縄そばを食べる器のような少し大きなおわん。その他、日用の器を展示する。


 壺の会メンバーの赤嶺肇幸さんは展示作品について「伝統に新しさを加えた」とPR。石倉一人さんは「今の暮らしに合ったそばマカイを提案している」と話した。問い合わせは同館(電話)098(868)7866。

 関連して「壺屋焼10人展~登り窯への想い~」が21日から7月8日まで同市壺屋の市立壺屋焼物博物館で開催される。壺の会が登り窯で焼いた作品を展示し、登り窯の歴史などを紹介する。入場無料。問い合わせは同館(電話)098(862)3761。

琉球新報社

最終更新:6/18(火) 10:29
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事