ここから本文です

「Juice=Juice」卒業・宮崎由加に“夢の共演”プラン

6/18(火) 17:02配信

東スポWeb

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「Juice=Juice」のリーダー・宮崎由加(25)が、17日に行われた日本武道館公演でグループを卒業した。

 宮崎は2013年のグループ結成当初からのメンバーで、約6年3か月にわたってリーダーとして活動した。

 グループを引っ張ってきたリーダーの門出を祝うべく、ライブには宮崎の“憧れの先輩”の元「モーニング娘。」道重さゆみ(29)がサプライズゲストとして登場。

「宮崎ちゃんはいま25歳なんだよね? 私も25歳で卒業して、なんか『25歳定年説』とかいろいろ言われているけど…とりあえず一つ言えることは、2年ぐらい休んでも大丈夫だよ!」

 道重自身がモー娘卒業後、2年ほど活動休止していたことを引き合いに出し、エールを送った。

 これに宮崎は「いやいや! それは道重さんの実績があったからで…。私は、明日からとは言いませんが、またすぐにみなさんに愛してもらえるように頑張ります!」と卒業後もタレント活動を続ける意向を示した。

「歌もダンスもあまり上手でなかった」と話す宮崎が今後目指すのは、故郷・石川県の“ご当地タレント”の座だ。だが意外な芸人が、壁として立ちはだかっている。

 それは石川県加賀市出身で、「ゲッツ!」のギャグでおなじみのダンディ坂野だ。「私も『となりのテレ金ちゃん』(テレビ金沢の情報番組)に出演させていただいてますが、ダンディさんが石川県で大人気なんですよ。2人で一緒に盛り上げていただけたら。私は勝手に石川県の観光大使になったつもりで頑張っています!」と宮崎は意気込む。

 ダンディと“夢の共演”はいつ実現するか?

最終更新:6/18(火) 17:02
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事