ここから本文です

久保建英「2、3点入っていれば…」 自身も決定機逃し「本当に後悔」

6/18(火) 10:52配信

デイリースポーツ

 「南米選手権・1次リーグ、日本0-4チリ」(17日、サンパウロ)

 日本が大会3連覇を目指すチリに完敗した。この試合でA代表初先発を果たしたMF久保建英(レアル・マドリード)は、得点には絡めず。試合後は、チームとして決定機をものにできなかったことを悔やんだ。

【写真】試合後、握手を求める久保 森保監督「クオリティーの差」

 チリに及ばなかった点について、「点取れなかったですし、何回かいいチャンスがありながら。向こうは決定的なチャンスはすべて決めてきたのに対して、自分達は決定的なチャンスで決め切れなかったので」と冷静に振り返った。

 久保自身も後半にドリブル突破からシュートを放つシーンがあった。FW上田もGKを外してからシュートを決めきれずと、攻撃で悔やまれる場面があったのは確かだった。久保は「試合は途中から支配されちゃいましたけど、それでも2、3点入っていれば全然分からなかったのに、決め切れずに向こうにどんどん点差を広げられてしまったことが、とても悔しいです」と思いを語った。

 自分自身も決めなければならなかったと反省した。「自分がファーに打てば良かった話なんですけど、あれは今でも悔しいですし、2-0だったと思うので、あそこで決めてたらこっちの時間帯にぐぐっと引き寄せられたと思うので、そこは本当に後悔しています」と振り返った。

最終更新:6/18(火) 13:15
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事